新FXで世界放浪!ただいま日本

元コンサル、世界60カ国程を放浪し、バンコクに2年住んでいたりもしていました。現在は日本に戻って、ビジネスを始めようかと思ってます。FXはお小遣いと世界経済勉強のために続けています。只今デイトレ研究中です。
新FXで世界放浪!ただいま日本 TOP  >  2008年03月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

今週の為替取引予定

先週あたりからボラティリティが下がって、指値をしていたのですがあまり刺さりませんでした。

今週もレンジ相場を想定し、一定の範囲を決めて取引をしたいと思っています。ドル円でいうと、98円~101円くらいか。雇用統計はもちろん注意しておきます。


それにしても今のアパートのネットは不安定で、それが心配だな。昨日はネットに繋がらなくて、更新できませんでした。相場の予想以前に取引できる環境を整えることも途上国では重要です。

といっても再度引っ越すまで何もできないので、とりあえず、学校行ってきます。
スポンサーサイト

お勧めFX業者-SAXO系・手数料最安値系

SAXO系システム採用の会社
▼ SAXO系システムのいいところ
・システムが安定していて、約定能力が高い。
・マイナー通貨の取引が可能(150通かペアくらいある)。
・手数料が安い。
▼ SAXO系システムの悪いところ
・取引ツールが慣れるまで使いにくい。
・取引ツールがPCに要求するスペックがやや高い。(CPU2GHz、メモリ1Gくらいは欲しい)
・取引額が少ないと、ミニマムチャージがかかることがある(5ドル~7ドルくらい)。
▼ コメント
米SAXOのシステムは、取引数量が少ないとミニマムチャージがかかりますが、システムが安定していて手数料やすい。又、マイナー通貨を取引する人にもお勧めです。
取引に慣れていて、資金が多い人には間違いなくお勧めです。長期、中期スイング、短期デイトレとすべてに使えます。

<SAXO系システム採用のFX会社>
ヒロセ通商・・・saxo系のシステムではないが、ドル円のスプレッドが1pip~の口座あり、1,000通貨単位から取引可。
アストマックスFX
121証券



手数料最安値系の業者
▼ これらの業者のいいところ
・手数料が非常に安い。
▼ これらの業者の悪いところ
・システム安定度・信用度に不安がある。
▼ コメント
数秒~数時間単位のスキャルをする人向けの業者です。システム安定度がその時々により異なるので、何個か口座を作って調子のよい業者を使うのがよいと思われます。相場が荒れている時にはあまりお勧めしません。実際、手数料1pipはかなり魅力です。

<手数料最安値系のFX会社>

FROM EAST証券「FX3.0」


外為オンライン

 
パンタ・レイ証券「みんなのFX」


MJ「SpotBoard」


[ 2008/03/29 22:16 ] (旧)その他 | TB(-) | CM(-)

お勧めFX業者-短期取引編

ここでは、短期投資に適した業者を紹介します。まずは、これらの業者の概要です。

▼ これらの業者のいいところ
・長期取引で紹介した業者よりも手数料が安い。
▼ これらの業者の悪いところ
・業者によってやや信頼度やシステム安定度が、長期取引の口座より劣ることがある。
▼ コメント
長期投資で紹介した業者では、正直頻繁に取引するとコストがかさむので、スイングや取引ではこちらの業者を使うことが推奨されます。
もしくは、情報は総合口座で得て、取引はこちらでするというやり方もある。




マネーパートナーズ
▼ マネーパートナーズのいいところ
・上場企業であり、その信託保全先も何社かに分かれていて、信用度が高い
・システムが安定している。
・取引ツールが優れている。
▼ マネーパートナーズの悪いところ
・過去にサーバートラブルがある。(他の業者もあります。)
▼ コメント
信用・システム・コストと現時点で非常にバランスの取れた業者だと考えられます。長期・短期ともに利用でき、口座をつくるメリットがあります。手数料3銭pip~。




FXCMジャパン
▼ FXCMジャパンのいいところ
・ツールが分りやすい
▼ FXCMジャパンの悪いところ
・注文期限が無期限しかない。
▼ コメント
初心者には分りやすいツールで、僕が一番最初に開いた口座です。長期・短期両方とも使えるが、指値スイングに向いた業者ではないか。取引のしすぎに注意してください。ドル円1.9pip~。




サイバーエージェント
▼ サイバーエージェントのいいところ
・親会社がマザーズ上場企業
・1,000通貨単位から取引可能
・ランドのスワップが高い
▼ サイバーエージェントの悪いところ
・現在サーバーがやや不安定
▼ コメント
サーバーがやや不安定なため、指値でのスイングに向いている会社だと考えます。又、1,000通貨単位から取引が可能なので、初心者の方がデイトレの練習をするのによいのではないでしょうか。
手数料はかなり安い部類で、ドル円2pip~、スワップ水準もよい。




クリック証券
▼ クリック証券のいいところ
・会社が証券も兼ねていて、日系先物口座なども開ける
▼ クリック証券の悪いところ
・逆指値がやや滑る
・サーバーがやや弱い。
▼ コメント
総合的に好条件で、デメリットを理解していればけっこうよい。僕は短期取引に使っています。
手数料2銭~。



手数料無料の外国為替保証金取引|AFT-FXダイレクトトレード
AFT-FXダイレクトトレード
▼ AFT-FXダイレクトトレードのいいところ
・22通貨125種と取扱ペアが豊富である。
・米GFT社のシステムで安定している。
▼ AFT-FXダイレクトトレードの悪いところ
・口座によって出金手数料1500円がある。
・2ヶ月間、取引がなかったり、ポジションがない状態だと口座維持手数料がある。→1万ランドを常にもっていれば大丈夫。
▼ コメント
トルコリラを含む22通貨125種の取引可能。米GFT社のシステムでチャート機能が充実している。信託保全ありで、スプレッド1pip~。




インヴァスト証券FX24
▼ インヴァスト証券FX24のいいところ
・このクラスでは、総合的にバランスがとれている。
▼ コメント
全体的に好条件で、サーバーもまあまあ。スプレッド1pip~。




CMC Markets

▼ CMC Marketsのいいところ
・トルコリラを含む21種類67通貨ペアと豊富である。
▼ CMC Marketsの悪いところ
・取引が2万通貨から
▼ コメント
70カ国以上で取引されている。通貨ペアが豊富で、スプレッド2pip~。
[ 2008/03/29 21:00 ] (旧)その他 | TB(-) | CM(-)

FXとは-その2

レバレッジとは?
外貨預金とFXの大きな違いの一つは、FXでは実際の金額以上の取引ができるということです。レバレッジ効果と呼ばれている。

具体的なレバレッジ例
1ドル=100円(1万ドル=100万円)

1万ドルを100万円で買った時・・・レバレッジ1倍(外貨預金はレバレッジ1倍)
2万ドルを100万円で買った時・・・レバレッジ2倍
3万ドルを100万円で買った時・・・レバレッジ3倍

保有している外貨の総額(円換算)÷口座資金の合計(円換算)=レバレッジ



レバレッジ別取引例
①レバレッジ3倍まで・・・長期取引でスワップ目的
・主要通貨でこのくらいのレバレッジならリスクは非常に少ない。
・マイナー通貨は2倍くらいまで
・手数料より、信用重視での業者選び

②レバレッジ5倍くらいまで・・・短期~中期で、為替差益とスワップの両方をねらう場合
このくらいのレバレッジになると、相場が全く逆に動いた場合、損切りの必要性あり。

③レバレッジ10倍以上・・・短期で為替差益重視
・細かい範囲での損切りの必要性あり。
・スワップよりも、手数料を重視した業者選びが必要になる。



コメント
・為替は株式に比べて変動が少ないので、主要通貨レバレッジ2~3倍くらいにしても株式と同じくらいの変動幅だと言われています。
・株式の配当は微々たるものですが、FXのスワップは魅力的だど考えれます。レバレッジ2倍でオーストラリアを取引した場合、スワップ収入は年12%近くになります。
[ 2008/03/29 20:41 ] (旧)相場・投資のコメント | TB(-) | CM(-)

FXとは-その1

FXとは?
初心者はFXは外貨預金の一種だと考えればよいと思います。
しかし、銀行の外貨預金の手数料はボッタクリであり、銀行で外貨預金をするのなら、FXを使ったほうがかなり有利だと言えます。



外貨預金(FX)の収益(損失)とは?
①通貨間の金利差(スワップ金利):
現在、日本は0.75%という超低金利です。それに対して、ユーロ4.0%オーストラリア6.75%。FXでは、ほぼ毎日この金利を受け取ることができます。
②為替差益:
安く買って高く売る、高く売って安く買うという為替の動きを利用した利益



具体的な外貨預金(FX)のシミュレーション
<条件>
・1オーストラリアドル=100円(1万ドル=100万円)
・金利差を6%、為替の変動幅を上下15%
・100万円でオーストラリアドル(1万ドル)を買ったとします


①15%円安(1オーストラリアドル=115円)になった場合:
100万円+15万円(為替益)+6万円(金利収入)=122万円(+21万円の利益)

②15%円高(1オーストラリアドル=85円)になった場合:
100万円-15万円(為替損)+6万円(金利収入)=92万円(-9万円の損)

一年後には、-8万円になる確率と+22万円になる確率が一緒ということになります。



コメント
・為替変動というのは予想はできてもどうなるかはだれにも分りません。しかし、金利収入だけはある程度確実に入ってくる。
・もちろんそう上手くはいくものではないですが、長期になればなるほど金利差というのは、効力を発揮すると考えられます。

※金利差は常に変動するので注意が必要ですが、日本が金利をテンポよくあげていくのはまだ先になると言われています。
[ 2008/03/29 20:41 ] (旧)相場・投資のコメント | TB(-) | CM(-)
月間投資記録

2013年02月 +18,242円

2013年01月 +203,657円

2012年12月 +121,765円

プロフィール

maipenrai3000

maipenrai3000
■タイが好きな男性で、2年滞在していました。
■その後日本で2年程働いて資金を貯め、世界放浪してました。現在は日本に戻ってます。

■趣味:放浪・テクノ・読書・空手・ビール
■メール:maipenrai三千@ヤフー.co.jp(三千を数字に、ヤフーを英語に変換してください)

カレンダー
02 | 2008/03 | 04
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
QRコード
QRコード
FC2カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。