新FXで世界放浪!ただいま日本

元コンサル、世界60カ国程を放浪し、バンコクに2年住んでいたりもしていました。現在は日本に戻って、ビジネスを始めようかと思ってます。FXはお小遣いと世界経済勉強のために続けています。只今デイトレ研究中です。
新FXで世界放浪!ただいま日本 TOP  >  スポンサー広告 >  世界放浪情報 >  月10万円以下で豊かに暮らせる国

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

月10万円以下で豊かに暮らせる国

最近はデイトレ日記ばかりなのだが、たまには世界放浪の話を。
僕は、今まで途上国を中心に60カ国程を周ったことがあるのだが、その中で物価が安くてなおかつ暮らしやすそうだった国ベスト3を挙げてみたいと思います。
例え日本で生活していても、海外に拠点を移せるという選択肢があると、生きるのが楽になるのではないでしょうか。

1位:タイ
総合力に優れている。
物価の安さと快適さのバランスがすばらしい。
タイ飯は日本人にも合うと思うし、日本食に関しても安くいつでもとることができる。
デパートもある、スタバもある、クラブもあり、エンターテイメント性にも優れている。

カンボジアやミャンマーも物価は安いが、タイほどの快適さはまだないと思います。
又、中国も安くてそこそこの快適さはあると思うが、政情不安がある。ただし、一般的な中国人は親切です。
フィリピンも悪くないが、あえてフィリピンを選ぶ特別な理由がある人を除けば、タイの方が一般的だと思います。


2位:メキシコ
タイに比べて治安に問題があるとはいえ、気をつけていれば大丈夫なレベルだと思います。
親日の人が多いし、陽気なラテンの雰囲気に触れていると気分も晴れやかにやるでしょう。

タイより物価は高いと思うが、その分タイより快適さは上だと思います。
クラブなんかの遊びに関してもレベル高い。

中米ではグアテマラの物価はダントツで安いが(月5万円で暮らせる)、快適さや治安に問題あり。
エルサルバドルは非常に居心地がよい。中南米の中で最も人が親切。首都の中心部は発展しています。ただし、日本人は少ない。


3位:アルゼンチン
南米では。個人的にはメキシコと同じくらいの快適さがある。
経済が心配ではあるが、むしろ外貨を持っている人間にとっては物価が安くなる。
医療費が無料で、公共交通機関も安い。
食事には飽きると思うが、日系人コミュニティーがあるため、ブエノスアイレスでは日本食材を購入可能。
音楽などのエンターテイメント性はメキシコと同じくすばらしい。

南米では、アルゼンチンよりチリの方が治安もよいし暮らしやすいとは思うが、物価が高く月10万円ではきびしいかもしれない。
ボリビアは物価が非常に安いが、エンターテイメント性がいまいち。ペルーは物価が安く、首都は発展しているので、けっこうおすすめ。


にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ派へ



↑ランキング。押して頂けるとうれしいです。
スポンサーサイト
[ 2013/01/13 21:15 ] 世界放浪情報 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

月間投資記録

2013年02月 +18,242円

2013年01月 +203,657円

2012年12月 +121,765円

プロフィール

maipenrai3000

maipenrai3000
■タイが好きな男性で、2年滞在していました。
■その後日本で2年程働いて資金を貯め、世界放浪してました。現在は日本に戻ってます。

■趣味:放浪・テクノ・読書・空手・ビール
■メール:maipenrai三千@ヤフー.co.jp(三千を数字に、ヤフーを英語に変換してください)

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
QRコード
QRコード
FC2カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。